猫の目の秘密


皆さんこんにちは!東京猫医療センターの服部幸です。
これから猫に関する記事を不定期で書いていきたいと思います!

猫のチャームポイントの1つである目。初めての今回は猫の目の秘密に迫ってみようと思います。

猫の目が細くなったり丸くなるのはなぜか?

猫の目は明るいところでは細くなり、暗いところでは丸く見えます。このように見えるのは目の中の構造物である虹彩が開いたり閉じたりしているためです。

この虹彩は暗いところでは光をできるだけたくさん取り入れるため丸く開きます。人間は暗いところでも猫ほど虹彩が開くことはありません。
逆に明るいところでは眩しすぎないように虹彩を閉じて目の奥に入る光の量を調整しています。

この現象を利用して、昔は「猫の虹彩の開き具合で時間を知る」という方法があったとされています。
電気のない時代、太陽の明るさだけであればなんとなくは時間がわかったのかもしれませんね。またこの変化しやすい猫の目は慣用句にもなっています。
物事がめまぐるしく変化しやすいことのたとえとして「猫の目のよう」というように使われることも。女の心は猫の眼なんて言葉もあるようです。

猫の目の病気にも注意を!

この変化しやすい猫の目ですが、明るいところにいるにもかかわらず開きっぱなしになっているときは要注意です。
光のセンサーである網膜の機能が低下していたり、脳神経に問題が生じていたりするかもしれません。
もしかするといつの間にか失明してる なんてことも。猫の目は明るいところでは細くなり、暗いところでは丸くなる。確認してみてくださいね!

猫の目の秘密:タペタム

ところで、猫は暗いところでもものが見える動物です。人間だと真っ暗に感じてしまうような明るさでも猫は平気で移動することができます。それはなぜでしょうか?

猫の目にはいろいろな秘密が隠されていますが、一番の特徴はタペタムを持っていること。
目の奥に光を感じる網膜があります。猫はこの網膜の後ろにタペタムを持っています。タペタムは鏡の役割をしており光を網膜の奥で反射させることにより光を再利用しています。そのためわずかな光でもよく見えるというわけです。
夜に猫の目が光って見えるのは、このタペタムに反射した光が外に漏れてきているからです。

このタペタムのおかげでわずかな光でも活動することができますが、これはあくまでも光を増幅させて感じているだけです。そのため光が全く無いような真っ暗になると流石の猫も見えなくなります。人間よりもはるかに高性能な眼をもつ猫。暗いところで猫ちゃんを見たときにはこんなことを思い出してみてください。

執筆者
服部 幸(東京猫医療センター 院長)
経歴
北里大学獣医学部卒業
2年半の動物病院勤務
2005年よりSyuSyu CAT Clinic 院長を務める
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health
Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事
19年間、猫の専門医療に携わる。

服部幸先生のセミナーはこちら